ティー・ファクトリーのホームページ制作の強み

株式会社ティーファクトリー
ポータルサイト制作・運用の
実績があります。

弊社は、お客様からの依頼を受けてWEBサービスを作る、受注制作のみを行っている会社ではありません。自社でいくつかのWEBサービス(中規模のポータルサイト)を企画・開発・制作・運用しており、その実績と経験、知識があります。収益目的のサイトを自分たちで制作しているため、ホームページ制作において依頼主の考えや立場が理解できます。また、自社ポータルサイトを運用し、日々改善に努めているからこそできる提案とサポートがあります。

SEO対策について

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字で日本語では「検索エンジン最適化」として知られ、特定のキーワードで検索された際に特定のWEBページが上位表示されるようにするための施策のことを指します。
弊社では、自社でポータルサイトを運営しているため、もちろんSEO施策も行い続けています。昨今のSEOトレンドや検索エンジン大手が推奨するSEOガイドなども常に調査、勉強しているため、それらの知識を受注案件のホームページ制作にも反映させることができます。
SEOには大きく分けて内部と外部の施策がありますが、制作する上で直接重要になってくるのは内部であり弊社が直接サポートできる部分も内部になります。外部に関しては直接の対応外ではございますが、ある程度の知識と情報を持っておりますのでそれらを共有させていただくことは可能です。
最近およびこれからのSEO施策は、制作する側、施策をする側の目線ではなく、サイト利用者の目線で利用者が求める情報をわかりやすい構成と内容でまとめることが何よりも重要で効果的だとされています。

SEOの内部施策について

サイトの構成やページの構築に関するSEO施策

各ページ間の移動や階層構造など、サイトの構成を最適化することによって、検索エンジンのクローラーはもちろん、ユーザーにもわかりやすいサイトになります。
また、ページの構築に関しては、ユーザーに見えない部分ではありますが、ページ内の内容に沿って最適な記述方法を用いることで、クローラーが当該ページの内容を理解する上での手助けとなり、クローラーにこちらの意図を伝えることができます。

サイトのコンテンツに関するSEO施策

特定のキーワードによる検索結果において特定のページが上位表示されるためには、そのページにおいてそのキーワードに関する十分な内容、魅力的な内容が必須となります。上位表示されている競合サイトと比べて希薄なサイトが長期にわたって上位表示されることはまずありえないと思っていいでしょう。
ユーザーが求める良質なコンテンツを可能な限り用意することがコンテンツSEOにおいて重要となります。

SEOの外部施策について

外部施策とは外部サイトから自サイトへのリンクおよびリンクによる流入のことを指します。つまり外部リンクが増えれば増えるほど自サイトへの訪問者数の増加につながるため、重要な施策と言えます。外部リンクは大きく分けて2種類あり、こちらから働きかけて意図的に増やす能動的な依頼リンクと誰かが自主的に貼ってくれる受動的な自然リンクがあります。

依頼リンク

他のサイトに自サイトへのリンク設置をお願いをすることによって獲得できる外部リンクのことを指し、広告として依頼する場合と、知人や友人が運営するホームページやブログなどに紹介をお願いする場合などがあります。
依頼先のアクセス数や知名度、自サイトとの関連性などから効果が期待できるサイトを選ぶことが大事です。

自然リンク

こちらからの働きかけが一切ない状態で設置される外部リンクのことを指します。SNSやブログの記事の中で紹介目的として貼られたり、ポータルサイト内に記載された情報の公式参照元として貼られることがほとんどです。
SNSやブログで紹介されるには、紹介する側に、紹介したいと思わせる必要があるため、自サイトのコンテンツの質が左右されます。

コンテンツSEO対策

コンテンツSEOとはユーザーにとって質の高い十分なコンテンツを用意することで検索結果で上位表示を目指す施策のことを言います。この施策は、自分たちが提供できる情報を可能な限りわかりやすく丁寧にユーザー目線でまとめることが重要であり、その要件を競合サイト以上に満たせばユーザーが自然に集まり、そのページの価値と評価も上がるだろう、という考えのもとに行われます。この考えは合理的でこれからのSEO対策で必要不可欠であると同時に、ユーザー目線でコンテンツ作りをすることからSEO目的でなくても重要な項目と言えます。

コンテンツ作りの易しさ

コンテンツ作りは簡単です。なぜならその内容に関する情報や知識をすでに持っているはずだからです。仮にあなたがホームページで会社のサービスやお店の商品を紹介したい場合、そのサービスや商品について最も詳しく知っているのも、おそらくはあなた、またはあなたの会社やお店にいる他の誰かではありませんか。もしそうだとすれば、扱うコンテンツに関して一から調べる必要はなく、すでにある知識と情報をページ内に盛り込むだけなので比較的容易な作業になるでしょう。

コンテンツ作りの難しさ

ユーザー(お客様)がどんな情報を求めているのかわからない。

ユーザー(お客様)が求める情報のヒントは実は普段の業務内にあります。店内や電話でお客様から商品やサービスについて質問されることはありませんか。サービスであれば利用期間や利用条件、商品であれば大きさや性能、食品や料理であれば素材や分量など、他にも数えきれないほどさまざまな内容の質問があるはずです。それらの全てがユーザー(お客様)が求める情報の候補になります。

商品やサービスには精通しているがそれを上手く文章として表現できない。

これは努力が必要な部分です、が実は普段から社内や店内でその努力を文章ではなく言葉でしているはずなので、それができていれば面倒なだけで難しい作業ではありません。
普段の業務でお客様から何か質問されてその答えがわかっていたら答えてあげますよね。もし答えがわかっているけど上手に説明できないから答えられない、なんて対応をしているとすれば、会社、お店としては機会の損失につながるでしょう。
幸いなことに文章を考えるとき、作成するときは目の前にお客様はいません。したがって緊張することも間違いを心配する必要もなく、何度もじっくりと考え直すことができます。

詳しく知っているがゆえに膨大な情報のどこまでを提供するべきかわからない。

答えは簡単、「可能な限り多くの情報」です。お客様に質問されたことがある内容、いつか質問されることがあるかもしれない内容は全て提供すべきです。特定の情報を探しているユーザー(お客様)にとって、その情報がなければサイトへの訪問すら見込めない上、仮に訪問してくれたとしてもサイトの価値は大きく下がるでしょう。
逆に、サイトに必要のない情報もあります。それは、会社や店舗の方針としてビジネス戦略の視点から載せられない、載せたくない情報です。公開して不利益になるかもしれない情報は、それがたとえユーザーが求めている情報だとしても無理に提供する必要はありません。

商品Aの紹介に関する情報

情報量が少ない 情報量が多い